タグ:長松寺
ホームPage 1 / 212

毎年1月14日は吉岡町にある長松寺の西隣に祀られている
「矢落ち観音(ざる観音)」の縁日。

 

ここ数年、毎年のように行っていたのですが
昨年は行けなかったので、今年は行ってきました。

 

ざる観音については過去記事にも書きましたし
検索すれば詳細が出てくるので
そちらをご覧ください。

 

今年は露店が少なかった・・・。

 

後は例年通り。

 

時間もなかったので、お参りして
そそくさと帰ってきました。

 

吉岡町にある長松寺では、
毎年1月14日に縁日が開かれます。

 

これは、矢落ち観音(ざる観音)
の縁日とも言われていまして、

その矢落ち観音(ざる観音)の由来は、

その昔、船尾滝周辺にあった寺院が
火をつけられ寺が焼け落ちる寸前、

お坊さんが観音様を守るため、
御本体を運び出し矢に結び、漆原方面に放ちました。

その矢が、桑を摘んでいた少女のざるの中に落ちたことから、
矢落ち観音(ざる観音)と言われているそうです。

 

そんないわれがある縁日に、
今年もサイクリングがてら行ってきました。

 

上越線沿いの道を通って、

 

この日は県道15号線を選択。

 

中島交差点を右折し、あとはまっすぐ。

 

踏切を渡って・・・着きました。

 

上州名物焼きまんじゅうなど
境内には色々な露店が。

 

早速、お参り。

 

境内にはほかにも
植木、農機具、ざる等の竹細工の露店に

 

だるまさんも売ってました。

 

今年は祝日開催ですし天気も良かったので
賑わってるだろうなぁと思っていたのですが
それほどでもなかったです。

 

 

毎年1月14日は
吉岡町にある長松寺の
矢落ち観音の縁日 。

 

別名「ざる観音」

 

その由来は、
「ググっとぐんま公式サイト」
によると・・・

昔、船尾滝周辺にあった寺院が火をかけられて陥落しようとしたとき、
お坊さんが観音様を守るため、御本体を矢に結び、漆原方面に強弓で放ちました。

それが桑摘みをしていた乙女の笊(ざる)の中に落ちたことから、
矢落ち観音(ざる観音)と言われているそうです。

 

この縁日には、何回か来ているのですが
今年は日曜日に開催とあって
平日の時よりも人が多かったです。

 

 

吉岡町漆原にある長松寺の境内で
矢落ち観音(ざる観音)縁日が
14日にありました。

 

ただこの日は北風が強くて
向かい風の中自転車で行くのは辛かったです(~_~;)

 

自転車倒れずに置ける場所がなかなか見つからず
周辺をちょっとうろうろ・・・。

 

なんとか見つけて境内のほうへ。

福だるまを売る露店もありましたし
焼きまんじゅう屋、おでん屋など
色々ありました。

 

この日は土曜日だったので
平日の年よりは人は多かったかな。

 

ホームPage 1 / 212