カテゴリー:イベント

昨年の前橋七夕まつりは中止(だったよな)
でしたが、今年はWEBも併用した新しい形で実施。

 

新型コロナウイルス感染症対策で
密が避けられないイベントなどは中止だそうで

例年だと七夕飾りがたくさん設置される
前橋中央通りアーケードも、こんな感じですね。

 

中央イベント広場には

 

弁天通り

 

来年こそは、例年のような
七夕まつりができますように・・・。

 

新前橋~渋川開業100周年を記念したイベントが
新前橋駅前でも行われていたので
どんな様子かなと立ち寄ってみました。

 

噴水の周りでは、新前橋ロータリー祭

 

駅のエスカレーター下のテントでは
鉄道の乗り方教室など。

 

人が集まっているところには
あまり行きたくないので、遠巻きに。

 

そんなに神経質になることもないとは思うのですが
家には年寄りがいますので、念のため。

 

小野池あじさい公園を出て
市役所通りを通って

 

渋川市役所へ

 

ただいま、この市役所の市民ホールで
今年開業100周年を迎えた渋川駅と鉄道の歴史にふれる
展示を開催しています。

 

会場は撮影NGなので、中の様子は撮れませんでしたが
旧国鉄時代からの資料や市民からの思い出の写真、
JR渋川駅所蔵の渋川駅連動図表、閉そく関連木札
国鉄制服や鉄道公安官の手錠などが展示されてました。

 

広いスペースではないので
それほど沢山ではなかったです。

 

渋川市役所本庁舎での展示は
7月8日までで、

7月12日から16日までは
第二庁舎2階の、あじさいサロンで
開催されます。

 

まん延防止等重点措置の適応を受け、
6月13日まで臨時休館中だった前橋文学館ですが
14日から開館が再開されました。

 

そして
「萩原朔太郎書簡 竹村俊郎宛 1918(大正7)年11月4日」
という新収蔵資料展が開催中。

 

萩原朔太郎が竹村俊郎に宛てた書簡が
展示されていました。

 

『萩原朔太郎全集』(筑摩書房版)にも未収録の新資料で
これからの萩原朔太郎の基礎研究資料として
非常に重要なものだそうです。

 

ちなみに、18日までは観覧無料。