カテゴリー:歴史

利根川サイクリングロードを
走っていると、

 

昭和大橋からほど近い場所に、
「公田の渡し」の石碑があります。

 

この辺通ったことがある人なら
多分知っていると思いますが。

 

高崎市萩原町 から 前橋市公田町まで
利根川を渡る渡し舩が運行されていたんですね。

 

昭和47年(1972)に昭和大橋が完成するまで
運行されていたので、私の歴史の中では
割と最近って感じかな。

 

記憶は無いですが・・・。

 

利根川方面を見ても、この時期では
草木が邪魔で川も見えない。

 

両岸から綱を張って
人力でたぐりながら運行していたようです。

 

これは、その名残かな。

 

高崎市の保渡田古墳群にある
八幡塚古墳。

 

たまには、入ってみますか。

 

想定復元された
人物・動物埴輪群像

 

古墳に登ることもできます。

 

古墳頂上から内部へ入って
豪族が眠った大きな石棺を
見ることが出来ます。

 

いい眺め。

 

カテゴリー

前橋市総社歴史資料館では
前橋・高崎連携事業文化財展
「東国千年の都 文字だらけ」開催中。

 

この催事は毎年この時期に
前橋で行われてから高崎で開催されますが
今年は何故か高崎が先・・・。

 

しかも前橋会場は
年々小さくなっているような気がする。

 

以前は元気21、その後臨江閣、
そして今年は総社歴史資料館。

 

ちなみに前橋会場の主な展示資料は
推定上野国府跡、元総社蒼海遺跡群、上西原遺跡。

 

古代の氏族名を記した
「物部私印」と「阿部私印」が
見どころとなっています。

 

高崎はもう終了していますが
前橋会場は2月4日(日)まで開催。

 

臨江閣では、令和4年度に前橋市内で行われた
発掘調査の成果が公開中。

 

会場は臨江閣別館1階 西洋間。

 

展示されているのは
元総社蒼海遺跡群、上細井中西部遺跡群、
西部第一落合遺跡群、総社古墳群などから
から出土した土器や陶磁器など。

 

11月12日(日)まで開催していますが
11月6日(月)は休館。

 

入場無料です。