カテゴリー:歴史
ホームPage 1 / 3123

高崎市保渡田町の保渡田古墳群へ来ると
たいてい二子山古墳に立ち寄り
上まで登って景色を見て帰るのですが

今回は、その近くにある八幡塚古墳へ。

 

八幡塚古墳の詳細は
ネットで検索していただくとして
久しぶりに来たなぁ。

 

墳丘長約100mの前方後円墳の八幡塚古墳は
約1,500年前の豪族が葬られたお墓。

墳丘部や内堀のなかにある中島の法面には
葺石が施され、埴輪も並べられています。

 

階段を上って

 

いい眺め

 

後円部の古墳頂上から内部へ入れます。

 

下に降りると、そこには豪族が眠った大きな石棺が。

 

カテゴリー

前橋市立図書館の2階展示室では
「戦後75年 前橋空襲特別展示」を開催していたのですが、
群馬県の新型コロナウイルス警戒度が「4」に引き上げられたため
当面の間、一般公開が中止に。

 

前橋空襲から75年の節目を迎えた今年、
その悲惨さを後世に語り継ぐための企画展
だったのですが、残念です。

 

一般公開中止の前に出かけたのですが
閉館した あたご歴史資料館から寄贈された
資料なども展示されていましたし
戦争体験者の動画もありました。

 

祖母が当時、紅雲町に住んでいたと思うのですが
生前、前橋空襲のことを聞こうとしても
あまり話したがらなかったなぁ。

 

コロナの警戒度が引き下げられれば
また再開すると思うので、その際は是非
出かけてみてください。

 

臨江閣では、令和元年度に前橋市内で行われた
発掘調査の成果が展示されています。

 

場所は、臨江閣別館1階西洋間。

 

主な遺物展示物は
推定上野国府、元総社蒼海遺跡群、上細井中西部遺跡群、
西部第一落合遺跡群などから発掘された150点が展示。

 

こちらは地元
元総社蒼海跡群から発掘された銅鏡など。

 

縄文時代から近世に至る出土遺物のほか、
墨で文字などが書かれた土器や
平安時代の銅銭 皇朝十二銭などといった
貴重な遺物を間近で見ることができます。

 

11月23日まで開催していて
時間は9時~17時までですが
入館は16時30分までとなっています。

月曜休館(祝日の場合は開館し、翌平日を休館)

 

興味のある方は
お越しになってみてください。

 

高崎市上滝町の高歴史民俗資料館は
かつて群南村役場庁舎として使われていました。

 

この建物が建設された昭和33年頃は
庁舎や学校が鉄筋コンクリートで
建てられるようになった時代だそうで

そのような時期に、木造の大型建造物が
建設されるのは珍しいのだとか。

 

その歴史的にも希少価値の高い建造物が
今年8月に国登録有形文化財に登録されました。

 

それを記念した企画展が
歴史民俗資料館で開催中です。

 

こちらが会場。

 

旧群南村役場庁舎の棟札や設計図
群南村全図などが展示されています。

 

電話室もありまして

 

そこには、デルビル磁石式壁掛電話機

明治29年から昭和49年頃まで使われていた
初めての磁石式電話機だそうです。

 

なかなか興味深い企画展でした。

 

会期は11月1日(日)までで
開館時間は午前9時~午後4時

休館日は月曜日

入館料無料です。

 

ホームPage 1 / 3123