カテゴリー:旅
ホームPage 1 / 41234

JR信濃町駅を出て神宮外苑へ。

 

正徳記念絵画館を右手に見ながら歩いていくと、

 

見えてきました、新国立競技場。

 

お~、コレが新国立競技場。

 

さすがにでかいですねぇ。

 

そしてその近くにある
日本オリンピックミュージアムへ

 

団体さんがいたので
無料で見られる一階フロアだけ見てきました。

 

聖火リレートーチ

これが見たかった。

 

こちらがオリンピック

 

少し色が濃い方がパラリンピック

 

東京オリンピック・パラリンピック
いよいよ来年です。

 

どんなドラマが生まれるのかな。

 

東京駅の丸の内中央広場には
来年開催される東京オリンピック・パラリンピックの
開幕までの時を刻む「カウントダウンクロック」
が設置されてました。

 

この時計、公式タイムキーパーを務めるオメガ製で
高さ約4メートル、幅は約3.2メートルで、
重さは約3.5トンもあるそうです。

 

時折記念写真を撮る人も見かけましたが
ここまでやってきて、オリンピック・パラリンピック
を感じるものはこれくらいだったかなぁ。

 

さて、次は
もっと東京オリンピック・パラリンピック
が感じられる場所へ。

 

続いてやってきたのは、東京駅前。

 

大嘗宮を見たかったので
東京駅から皇居に向かって歩いてったのですが

だんだんと人が多くなって
流れが滞っていきます。

 

平日なのに凄い人。

 

入場口で手荷物検査や
ボディーチェックをやっていて
なかなか進みません。

 

やっと手荷物検査。

でも、かなりゆるゆるだったなぁ。

 

ようやく坂下門に。

 

ここをくぐると、多少人もばらけてきました。

 

案内マップをいただきまして・・・。

 

紅葉を見ながら乾通りを

 

山下通り

 

道灌堀(どうかんぼり)

 

西桔橋(にしはねはし)を渡って
いよいよ大嘗宮へ。

 

広いところに出まして(東御苑かな)
ここからでも見えるのですが

もう少し近くから見たいと思い
また行列に並ぶことに・・・

 

でもまぁ、すごい人。

 

やっと近くまできたのですが
とにかく人が多い!

 

しかも必死に写真を撮ろうと殺気立ってる。

 

警備のお巡りさんも、必死の叫び。

 

横まで行くと、まぁ何とか。

 

裏手から

 

帰りは書陵部庁舎の前を通って、
すいてる平川門から帰っていきました。

 

はぁ~、まさか
こんなに混んでるとは思いませんでした(-_-)

 

カテゴリー

京急川崎大師駅から、大師仲見世を通りまして・・・

 

やってきました川崎大師。

これで5回目くらいかな。

 

何がきっかけで来たのか忘れましたが
私にはとても相性の良いお寺。

宗派は違うんですけどね。

 

早速お参り

 

それから、一本300円の護摩木に
願い事、年齢、氏名を書いてお焚き上げしていただくことに。

入院中の父親のと、持病持ちの母親、
そして私の分。

 

以前いただいてきた古いお守りは
お札・お守り収め所に。

 

そして両親へのお守り。

 

境内を少し散策し、次の目的地へ。

 

ホームPage 1 / 41234