カテゴリー:高崎市
  • 高崎市

先日、といっても昨年
ろうばいの里からの帰りに
イオンモール高崎の前を通ったのですが
増床工事やってるんですね。

既存の建物の北側に3階建ての建物が
新たに造られるようです。

 

完成すれば、今までの約1.3倍に!

 

高渋バイパスを挟んで向かい側には
駐車場が整備されてて、そことイオンの建物を結ぶ
屋根付きのデッキも建設中。

 

屋根があるので雨でも濡れないですし
エスカレーターとエレベーターも設置されるそうな。

 

増床リニューアルオープンは
今年の春だそうで、北関東最大級になるとか。

 

へぇ~。

 

このところ、家庭の事情で
自転車よりも車を運転する時間が多いのですが

それでも、久しぶりに
井野川沿いのサイクリングロードを
走ってみました。

 

浜川運動公園付近ですが、もうすっかり冬。

そろそろ手袋と耳当てが欲しい。

 

井野川の向こう側では
浜川運動公園の拡張工事やってます。

 

そこへ向かう人道橋は、まだ通れず・・・。

 

さらに進むと、
前方には白い校舎の高崎北高校が。

 

この後、安中線を渡り
二子山古墳の近くを通って家路に。

 

寒くなってきましたけれど
やっぱり自転車はいいなぁ~。

 

高崎駅に行ってみれば
駅構内には大きなだるまさん。

 

来年1月1日、2日に催される
高崎だるま市のPRのために
設置されたんだと思うのですが

やっぱり来年も、会場は
高崎駅西口駅前通り。

 

少林山の方が風情があると思うのですが
もう以前のように少林山でやることもないのかな。

 

高崎市の井野神社

 

小さな神社なのですが、その境内には
大きなイチョウの樹があります。

 

葉が黄色く色づいてキレイです。

 

社殿?

 

そこの前にはこのようなものがありまして

 

そこには・・・

 

井野神社

 井野神村の名は永禄年間(一五五七~一五六九)に定まったと言われ、
当社は井野村の字熊野に鎮座する鎮守様で、
住民の安泰と幸福を守る産土神(生まれた土地の守り神)です。

 明治初年の『上野国郡村誌』によれば、
井野村には熊野社、諏訪社、石神社がありましたが
明治末年に国が進めた一村一社統合のため
地名が冠され井野神社となりました。

 昭和三十四年、伊勢湾台風で折れた境内の大銀杏の大幹に
社殿(現在の公民館が有るところ)がつぶされましたが、
社殿再建の熱意により三町内会に建設委員会が設置され、
昭和四十二年に再建されました。

 大銀杏は目通り(幹の太さ)約9m、高さ20m、
樹齢約三百五十年と推定される老木です。

平成二年の強風、平成二十六年には突風にあおられ、
根元から5mの所で折れてしまいましたが、
秋には金色の落ち葉で見事な景観となります。

 

と書かれていました。

 

過去に何度か折れてるんですね。

 

言われてみれば樹形もちょっと変わってるかな。