カテゴリー:アート

群馬銀行渋川中央出張所の
空きスペースに入っていた
渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館は
令和4年3月31日をもって開館業務を終了。

 

2回くらい来たかな。

 

この美術館は無くなってしまうのではなく
今後は渋川市役所第二庁舎1階に移転し
令和6年3月3日に開館予定だとか。

 

どのような美術館になるのだろうか。

 

開館したら行ってみたい。

 

アーツ前橋と
前橋中心市街地で開催されている
アーツ前橋 開館10周年記念展
「ニューホライズン 歴史から未来へ」
に行ってみました。

 

まずはアーツ前橋

今まで見たことがない
驚きの作品の数々でしたが

その中でもレフィーク・アナドールさんの
幅9-メートル、高さ3メートルの
巨大なLEDスクリーンの作品は
ずーっと見ていたかった。

 

ガイドマップを見ながら、白井屋ホテルに

 

ホテルロビーの、上から降り注ぐような
蜷川実花さんの作品

 

中央通りの

 

Maebashi Worksには
木原共さんの作品。

 

スズラン前橋店にも会場がありましたが
場所は新館3階。

どこか懐かしいような・・・。

 

続いてやってきたのはHOWZE(ハウゼビル)

 

展示フロアは3・6・7階

 

ここは以前キャバレーが入っていた廃ビルで
その名残がある不思議な空間でした。

 

そして最後は、前橋ガレリア

 

受付のお兄さんと色々話せて楽しかった。

 

前橋の街なかを歩きながら
芸術作品を見て回る展覧会、
面白かった。

 

高崎駅(西口)を出ると、
いきなり藁で作られた牛!

 

これは何でしょうか?

 

いずれ分かると思うのですが
今のところ検索しても出てこない・・・。

 

そして、高崎城跡のところには
更に巨大な、藁でできた牛が!!

 

それにしても、見事です!

 

カテゴリー

開館10年を迎えたアーツ前橋ですが
それを記念し「ニューホライズン 歴史から未来へ」
という記念展が開催されています。

 

中心商店街の中にも
作品が展示されていまして

中央通り商店街には
アメリカ作家の岩そっくりの風船。

 

こちらにも作品が。

 

グーチョキパービル(ハウゼビル)も
作品展示会場になっています。

ここは以前はキャバレー店で
今は廃虚ビルなのかぁ。

 

通常は一般1500円ですが
開館記念日の10月26日は
入場料になるらしいので、
その日をねらってみようかな。