タグ:川崎大師
  • 大開帳の川崎大師

    2014/06/01

    神社・お寺

    赤札を頂いた後はこちらで護摩木(一本300円)に、両親と自分の願意、年齢、氏名をそれぞれ書いて祈祷をお願いしました。願意は黄色い紙に一覧が書いてあるのでそれを見 ...

ホームPage 1 / 11

京急川崎大師駅から、大師仲見世を通りまして・・・

 

やってきました川崎大師。

これで5回目くらいかな。

 

何がきっかけで来たのか忘れましたが
私にはとても相性の良いお寺。

宗派は違うんですけどね。

 

早速お参り

 

それから、一本300円の護摩木に
願い事、年齢、氏名を書いてお焚き上げしていただくことに。

入院中の父親のと、持病持ちの母親、
そして私の分。

 

以前いただいてきた古いお守りは
お札・お守り収め所に。

 

そして両親へのお守り。

 

境内を少し散策し、次の目的地へ。

 

赤札を頂いた後は
こちらで護摩木(一本300円)に、

両親と自分の願意、年齢、氏名を
それぞれ書いて祈祷をお願いしました。
002_1_1_20140531144919ca0

 

願意は黄色い紙に一覧が書いてあるので
それを見ながら書きます。
239_1_1_20140531144955c9a

 

それから、母と妹の御守りも買いました^^
246_1_1_20140531145211676

 

大開帳期間ご本尊さまから繋がるお手綱が
大本堂前の供養塔につなげられ、

これに触れることで、
数多くの人々がご本尊さまと
より親しくご縁を結ぶことができるのだそうです。
034_1_1_201405311453367ab

 

私も並んで
触れさせていただきましたよ^^
008_1_1_2014053114542578a
028_1_1_2014053114544799d

 

平日に出かけたのですが
10年に一度大開帳期間だけあって
人が多かったです。
041_1_1_201405311455194db

 

今年に入ってから、母が災難続き・・・

 

大雪の翌日に転んで右手首を骨折。

 

それが治る間もなく
今度は風邪をこじらせてダウン。

 

更に今は帯状疱疹に・・・。

 

これはちょっと厄除けに行かないと

 

さて、どこにお参りに行こうかしら
と考えていたところ

ちょうど今年の5月の川崎大師は
10年目毎の吉例大開帳奉修期間だそうで

この期間中には「赤札」というものが
授与されるのだそうです。

 

という事で、川崎大師に決定!

 

母は、ちょっといけないので
私が代りに行ってきました(^.^)

 

朝7時過ぎに出発し
京急川崎駅に到着。

 

ここから大師線に乗り換えます。
171_1_1_20140530101955ce2

 

川崎大師駅から
川崎大師に向かう人たち
173_1_1_20140530102456c11
平日なのに、多いなぁ。

 

10年に一度の大開帳ということで
参道も人が多かったです。
188_1_1_20140530102319cb4

 

大山門をくぐります。
192_1_1_20140530102904032

 

大本堂に奉られている弘法大師様から連なる手綱が、
大本堂前の供養塔に結び付けられているのですが
この話題は次回に(^^ゞ
196_1_1_20140530103149e4c

 

まずは、赤札です。

 

何処で配っているのか分からず
本堂の方へ行ったら、

ここではなく五重塔の向こうだと案内され
そっちへ行ってみることに。

 

並んでいる集団があっったので
ここが最後尾かとおもったら
ここはもういっぱい(満車状態)なので

更に離れたな所に
並ばなければなりませんでした。

 

10時半過ぎに、何とか並んだのですが
まぁ、凄い人。
211_1_1

ここから時間がかかるみたいです。

 

そういう事態を知っている方は
折りたたみ椅子を持参していらっしゃいました。

 

私の隣に並んだご老人も
折りたたみ椅子を持参していらっしゃいまして

お話を伺うと、地元の方らしく
自転車で30分くらいで来れるのだそうです。

 

今月も何回も来ているらしく
たくさん赤札を持っていらっしゃいました。

 

羨ましい。

 

11時を過ぎて、少し列が動いたかと思ったら
止まったまま・・・・。

 

12時ごろになって
ようやく列が動き始めました。
216_1_1_20140530105408471

 

靴を脱いで大本堂に入ります。
226_1_1_20140530105751515
227_1_1

 

ここで、頭にかぶっているものは
取るようにとの案内が。

 

カツラはいいみたいです

 

って言ってました(^^ゞ

 

ここから先は撮影禁止。

 

川崎大師は何度か来ているのですが
本堂の中に入るのは、今回が初めて。

 

間隔を空けず立ち止まらないでお進みください
との事だったので、歩きながらですが
ご本尊様にお参りしました。

 

本堂から信徒会館に移り、
靴を履いて階段を降ります。

 

その先の出口に近いところに
4人の貫首さんがいらっしゃいます。

 

ここで4列に分かれて、
「赤札」がひとりひとりに授与されます。
228_1_1_20140530110444579
赤札を頂くまでに
1時間半以上かかりました。

 

この赤札をいただけば、
無量の功徳を授かるといわれています。

 

ホームPage 1 / 11