タグ:物産展示室
ホームPage 1 / 212

伊勢崎市といえば、上毛かるたでも
「銘仙織出す伊勢崎市」と歌われているように
伊勢崎銘仙がかつては有名でした。

 

伊勢崎銘仙は平織の絹織物で、
模様がかすんだように見える絣(かすり)技法が
人気を呼んだそうです。

 

そんな伊勢崎銘仙の企画展示が
群馬県庁31階の物産展示室で行われています。

 

今年2月下旬から3月下旬にかけて
東京で開催した企画展示の凱旋展示だそうで

併用絣で織られた「21世紀銘仙」や、
新旧の多彩な銘仙や資料が展示されています。

 

12月28日までなので、もうすぐ終了です。

 

  • 群馬県

 

群馬県庁31階 物産展示室では
みどり市観光PR展示が行われています。

 

でも正直、みどり市って言われても
あんまりピンとこないんですよね(^-^;

平成の大合併で誕生した市ですし・・・。

 

展示会場にはPRキャラクターの等身大パネルや
写真パネルや様々な観光情報誌が展示

いろいろやってますね。

 

こちらは、わたらせ渓谷鐵道のコーナー。

 

5月31日(木)まで開催しているそうです。

 

 

群馬県庁31回にある物産展示室へ行ってみると
ロング展示ケースコーナーには
飛行機やヘリコプターのラジコンが展示されてました。

 

RC航空ページェントのPRみたいです。

ポスターもありましたから。

 

ショート展示ケースコーナーには

 

有名なイベントなので
一回くらいは行ってみたいと思っているのですが
太田市なので、自転車だとちょっと遠いかな(~_~;)

 

  • 群馬県

 

群馬県庁31階、物産展示室では
すべて県産シルクで作られた
群馬の絹製品が展示されています。
046_1_1

 

これらの絹製品は、
百貨店・バイヤー等の視点から、
県内企業と共同で企画・開発されたものだとか。
049_1_1
055_1_1

 

ひとくちに絹製品といっても
色々あるんですね。

 

12月15日(火)まで展示されていますが
今日と明日は県庁舎設備の集中点検のため
県庁には入れないみたいです。

 

ホームPage 1 / 212