• 投稿 2018/06/04
  • 渋川市

 

渋川市の金井東裏遺跡から発見された
「甲を着た古墳人」が着装していた小札甲が、
保存処理を終え、県埋蔵文化財調査センターで
公開されています。

 

ということで、行ってきました。

 

どういうルートで行こうか迷ったのですが
まずは利根川サイクリングロードをを北へ。

 

途中、坂東橋を渡り、

 

渡ったらすぐに右折し

 

落石注意の道を通ったり、

 

急な上り坂を上って

 

到着です。

 

公開されているのは
発掘情報館の2階 資料展示室。

 

こちら

 

所持していたとみられる
小札甲、矛、鉄族などの武器・武具なども
公開されていました。

 

こちらは発掘現場の立体模型。

 

現地の一般公開にも行ったなぁ。

 

平成30年9月30日(日)まで
公開されているそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本考古学(第38号(2014.10)) [ 日本考古学協会 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)