カテゴリー:渋川市の記事一覧

前橋周辺自転車日記

GIOS mistralに乗って前橋やその周辺市町村の話題や身の回りの出来事などを書いています^^

カテゴリー:渋川市
旧渋川公民館のお引越し
  • 投稿 2014/04/22
  • 渋川市

渋川市にある旧渋川公民館は
ただ今お引越し中です。
095_1_1_201404210905498ed

 

旧渋川公民館は昭和6年に建設された
歴史的建造物。

 

そんな歴史ある貴重な建物が
四ツ角周区画整理で取り壊される予定だったのを

市民有志の方々の保存活動により
取り壊されず、曳家移転で北東に5メートルほど動かし
渋川商工会議所事務所として活用されるのだそうです。

 

よかったよかった!(^^)!

 

というわけで、
フェンスの網にレンズを突っ込んで撮った
引っ越し中の様子です(^^ゞ
107_1_1_2014042109063312a104_1_1_20140421090617923

 

周辺工事や内部を改修が終わると
市民向け見学会が行われるそうです。

 

渋川市民じゃなくてもOKなら
見に行ってみたいです。

 

佐久発電所の桜がいい感じです^^

利根川サイクリングロードを北上し
何処へ行ったかというと・・・。

 

佐久発電所です(^.^)
208_1_1_20140408144317e22

 

桜の花を見に。

 

自転車でここへ来るのは
かれこれ3回目くらいかな。

 

手前の坂道も、だいぶ慣れました。

 

といっても相変わらずの
スローぺースですが(^_^;)

 

佐久発電所のシンボル的存在の
巨大なサージタンク!
059_1_1_2014040814440010d

 

水圧鉄管を覆うように咲く、桜の花。
062_1_1_201404081444467af
074_1_1_2014040814450236b
117_1_1_2014040814451959c

 

2月の大雪の影響が心配でしたが
大丈夫みたいでした^^

 

宮田の石燈籠
  • 投稿 2014/01/31
  • 渋川市

 

宮田不動尊の境内には
古~い石燈籠がありました。
070_1_1_20140130090606d41

 

これは、宮田の石燈籠と呼ばれていて
室町時代に作られたものだそうです。
068t_1_1_1_20140130091003b56
(クリックすると大きくなります)

 

そんな昔の石燈籠が
今でも残っているんですね(^.^)

 

石燈籠の話-【電子書籍】

石燈籠の話-【電子書籍】
価格:1,800円(税込、送料込)

 

宮田不動尊大祭へ行ってきました
  • 投稿 2014/01/30
  • 渋川市

 

渋川市赤城町にある宮田不動尊では、毎年1月28日に
恒例となっている「宮田不動尊大祭」が開催されます。

 

この日は宮田不動尊の洞窟に安置された
「石造不動明王立像」を拝観できる日。

 

一年に一度しか拝めない!?

 

これは行かねばと思い
ミストラル号に乗って出かけてきました。

 

利根川自転車道を通って渋川へ
002_1_1_20140129094752969

 

関越自動車道の下をくぐり
011_1_1_20140129095011e91

 

利根川に架かる大正橋を渡ります。
016_1_1_20140129095057ef2

 

樽信号を過ぎると樽地区いちご狩り街道へ
038_1_1_20140129095156b4b

 

しばらく走り、ようやく到着^^

 

入口前の田んぼが駐車場になってました。
105_1_1_2014012909531331f

 

そしてこの急な石段・・・
049_1_1_201401290954408b3

 

急なうえに凸凹していて
非常に上りにくかったです。
050_1_1_2014012909550277b

 

それでも何とか上ります。

 

本堂がある場所に到着。
077_1_1_20140129100125a60
058_1_1_20140129100146657

 

石造不動明王立像は
不動寺境内の絶壁の洞穴に安置されています。

 

この本堂の奥です。

 

1時過ぎに着いたのですが
その時はお堂の中もすいていたので
お賽銭をお供えしてから

100円のロウソクも買わずに
吸い込まれるように中に入ってしました(^^ゞ
075_1_1_20140129100208aae

 

写真撮っても良かったみたいなのですが
迫力ある不動明王さんを見ると

何だか撮ってはいけないような気がして
撮れなかったです(^^ゞ

 

来年、もし来ることができたら
その時は撮らせていただこうと思います。

 

こちらの不動明王は、建長3年(1251年)、
新田氏一族の発願によって院隆・院快の2人の仏師により、
高さ166cmのほぼ等身大の像として制作されたのだそうです。

 

1時半から始まった御祈祷を聞いてから
帰ることにしたのですが、

あの階段を下って帰るのかぁ~、怖いなぁ~

 

と思ったら、南側の階段から帰れるようなので
そちらから帰りました。
076_1_1_20140129100824708

 

でも中には、あの急な階段を下って行かれる方も
いらっしゃいましたよ。
088_1_1_20140129100910e90

 

一年に一度しか見ることができない
貴重な不動明王さまを見ることができ
出かけてよかったです(^.^)