カテゴリー:マンホール
ホームPage 1 / 41234

高崎駅東口から高崎芸術劇場へ続く道路の
歩道にあるマンホールのふたが、

劇場をモチーフにしたマンホールのふたに
入れ替えられています。

 

劇場のメインカラー、濃い赤茶色に
楽器が描かれたデザインとなっていまして、

チェロ

 

トロンボーン

 

バイオリン

 

ホルン

 

ピアノ

 

ギター

の6種類。

 

高崎芸術劇場のPRとにぎわい創出のために
設置されたそうですが、なかなか渋いですねぇ。

 

もうすぐオープンですから
劇場周辺の道路整備も急ピッチで
行われてました。

 

渋川市役所第二庁舎で、
旧渋川市、子持村、赤城村、北橘村が制作した
カラーマンホール蓋9基が展示されているそうなので
行ってみました。

 

自転車で渋川に行くには
やっぱりサイクリングロードが便利。

 

第二庁舎は本庁舎から
少し離れた場所にあります。

 

で、駐輪場に自転車置いて中へ。

 

多分一階のホールでやってるのかと思ったら
そうではなくて、マンホールの展示は2階の事務所で
やっているという張り紙があり、2階へ。

 

そこのホールみたいなところかと思ったら
そこにもない・・・。

 

どこかと思って聞いてみたら
職員の人たちが仕事している中の部屋でした。

 

まぁ、事務所といえば事務だけれど
分かりにくいし、マンホールのふたを見るだけの用で
中に入るのはちょっと勇気がいります(^-^;

 

ガラス張りで中は見えますが
肝心のマンホールは外から見えない位置ですし・・・。

 

でもようやく出会えました。

 

写真撮ってもいいそうなので、早速。

カラーマンホール蓋9基がずら~っと。

 

 

3月15日(金)までですが、お役所なので
平日しか見られないと思います。

 

もしいかれる方がいれば、駐輪場近くの
こちらの入り口から入って、

そのまま進んで、奥にある事務所(?)に入り
そのすぐ右手にあります。

 

渋川駅前プラザに展示してくれればいいのに
と思うのですが、あそこはスペースがないか(+_+)

 

マンホールカードの写真に載ってる
マンホールがある場所を目指して
駅前通りを進みます。

 

新町五差路。

 

そこから、ほぼ真っ直ぐ(やや右かな)進み
寄居町交差点に向かって進むと
へそ地蔵の少し手前、バス停の近くにあります。

 

しぶさん(渋川駅前プラザ)から
およそ880メートル。

 

自転車だとあっという間ですが
徒歩だと13分くらいかかるみたいです。

 

カラフルなマンホールのふたは
この他にも、伊香保や白井宿にもあるそうで
その場所を記した地図もいただきました。

 

白井宿のは、見たことあるかもしれない。

 

で、こちらの蓋のマンホールカードの
構想もあるみたいですよ。

 

さて、道の駅よしおか温泉を後にし
渋川駅の渋川駅前プラザへ向かいます。

 

この日は土曜日、
天気は良かったのですが、向かい風が強い(+o+)

 

これからの時期はしょうがないですね。

上州名物「空っ風」ですから。

 

この頃は、吉岡温泉の少し先から
サイクリングロードを離れて一般道を通るのが
お気に入りのコースになってます。

 

渋川駅近くの、大崎アンダーパス。

気温が6度でした。

 

そして到着。

 

自転車は駅の駐輪場に。

 

プラザ前にはマンホールカードの
のぼり旗や、

 

これは実物かな?

 

思ったより力を入れてるようです。

 

簡単なアンケートに答えて
マンホールカードいただきましたよ。

 

肝心なアップの写真撮り忘れました(^-^;

 

渋川市のマンホールカードは
渋川市の花である紫陽花のガクが背景になっていて

同市が「日本のまんなか」であることを
表しているそうです。

 

まぁ、へそまつりとかやってますからね。

 

そして、このマンホールカードに載っている
蓋の実物は、へそ地蔵付近にあるのですが
その場所を記した地図もいただきました。

 

先日、へそ地蔵に行ったときに
見てきましたが、また行ってみることに・・・。

 

ホームPage 1 / 41234