元景寺を後にし、次に向かったのは
天台宗 光巌寺。

 

総社町公民館のすぐ近くで
ここにお寺があることは知っていたのですが
お寺に名前も知らないし、入るのも今回が初。

 

立派な楼門ですが、

 

入口はその左側の長屋門。

 

スタンプ台は門の中にありました。

 

前橋市の歴史散策ガイドブック
があったので、いただいてきましたよ。

 

スタンプをポチっと

 

光巌寺について

 

天台宗光巌寺の文化財

慶長12年(1607)総社領主秋元越中守長朝侯は、
総社城と城下町を完成させ、元総社の徳蔵寺を移し
光巌寺を開基された。

山号は秋元氏の姓、院号は長朝の江月院殿より、
寺号は長朝の母の光巌院殿よりよれぞれつけられ、
秋元山江月院光巌寺として秋元氏の菩提寺とした。

本尊は釈迦牟尼如来座像。

寛永3年(1626)将軍秀忠より寺領御朱印高30石を賜り、
慶安2年(1649)家光より徳蔵寺(隠居寺)の
御朱印高16石を合わせ46石を支配してきた。

現在の建造物は本堂(文政3年)、
秋元家御廟所(文化9年再建)、庫裡(文化10年)の再建、
長屋門(天明5年5月建立)、楼門(文化年間)・薬師堂・
元三大師堂・鐘楼(明和9年)等が並び建ち、
天台宗地方寺院(修行寺)として僧侶の養成の役目を果たしてきた。

寺内の廟所前には県指定史跡の「力田遺愛碑〔安永5年(1776)〕」、
南北朝期の東覚寺七重多層塔・薬医門(市指定重文)の外
10数点の文化財が収蔵されている。

墓地には明応4年(1495)造立の石幢(市重文)が保存されている。

平成18年3月吉日 総社地区史跡愛存会

 

力田遺愛碑って、光巌寺にあるんですね。

 

今回は見ずに帰ってきてしまいましたが
レプリカならすぐ近くの前橋市総社歴史資料館で
間近に見ることができます。