• 投稿 2013/11/30
  • 群馬県

この記事の最終更新日は 2015年4月13日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

先日、群馬県庁昭和庁舎で開催している
古墳時代のイベントをご紹介しましたが

県庁31階にある物産展示室でも
上信越自動車道の藤岡・佐久インター間の開通20周年を記念して、

企画展「ときめきの古代ぐんま~上信越道を掘る」
という企画展を開催しています。
067_1_1_20131129094908a62

 

上信越自動車道は開通して
もう20年になるんですねぇ。

 

会場には、上信越自動車道建時に
発掘調査された72カ所の遺跡のなかから、

13遺跡176点の出土品を選び、
7枚の説明パネルで解説しています。
068_1_1_201311290950063ad

 

手前にあるのが、天引狐崎・白倉下原遺跡
から発掘された旧石器時代の石器で

奥にあるのが、南蛇井増光寺遺跡から発掘された
灰釉四耳壺(かいゆうしじこ)
070_1_1_20131129095035a31

 

こちらには埴輪など
079_1_1_20131129095056463

 

ここはそんなに広いスペースでは何のですが
それでも、色々なものが展示してありました。

 

平成26年1月5日(日)までやっているそうです。

 

【送料無料】古墳時代ガイドブック [ 若狭徹 ]

【送料無料】古墳時代ガイドブック [ 若狭徹 ]
価格:1,575円(税込、送料込)