タグ:臨江閣の記事一覧

前橋周辺自転車日記

GIOS mistralに乗って前橋やその周辺市町村の話題や身の回りの出来事などを書いています^^

タグ:臨江閣
  • 2015/02/20

    前橋市

    先日、ひな人形を見に臨江閣へ行った際に、茶室へも行ってみました。臨江閣へは何度も来ているのですが茶室まで来るのは今回が初めて。この茶室は本館より2カ月遅れの18

  • 2015/02/15

    前橋市

    ただいま前橋市にある臨江閣では、大正・昭和初期の雛人形や御殿雛などがたくさん展示されています。例年だと、別館の一階に展示されるのですが今年は2階が会場です。「臨

  • 2014/11/19

    前橋市

    臨江閣庭園の紅葉もだいぶ見頃になってきました^^【楽天ブックスならいつでも送料無料】紅葉ハンドブック[林将之]価格:1,296円(税込、送料込)日本の情景をモチ

  • 2014/05/22

    アート - 前橋市

    前橋市にある県重要文化財「臨江閣」では「臨江閣プロジェクト2014」という国内外で活動する芸術家3人による現代美術の展覧会が開催中です。受付でパンフレットとフロ

臨江閣の茶室
  • 投稿 2015/02/20
  • 前橋市

先日、
ひな人形を見に臨江閣へ行った際に、
茶室へも行ってみました。
075_1_1

 

臨江閣へは何度も来ているのですが
茶室まで来るのは今回が初めて。

 

この茶室は本館より2カ月遅れの
1884年(明治17年)11月に完成し

木造平屋建てで
外壁に花頭窓があります。
076_1_1

 

茶室には入れませんが
出入り口付近に解説が置かれていました。
077_1_1

茶室(畊堂庵)

この茶室は初代群馬県令楫取素彦の
強力な支援でできたものである。

県令としての楫取は県内史跡の調査や名称の保護、
師範学校や医学校の創立等文化振興に尽力した。

茶の湯を奨励したのも単なる趣味ではなく、
これによって県民に礼儀作法を教え
粗野とされる気風を優雅に導こうとしたともいわれる。

創建当時より特別の茶室席名をもたないが、
このたび楫取素彦の号にちなみ愛称を
「畊堂庵」(こうどうあん)とした。

揮毫(きごう)は楫取素彦の曾孫・小田村四郎氏
によるものである。

だそうです。

 

ちょっとのぞきこんで撮ってみました。
078_1_1

081_1_1

 

詳細はこちらに

群馬県前橋市|臨江閣

 

奥まった場所にあるイメージだったのですが
本館の横を通ればすぐ近くなんですね(^^ゞ
092_1_1

 

臨江閣でひな祭り
  • 投稿 2015/02/15
  • 前橋市

ただいま前橋市にある臨江閣では、
大正・昭和初期の雛人形や御殿雛などが
たくさん展示されています。
093_1_1

 

例年だと、別館の一階に展示されるのですが
今年は2階が会場です。
020_1_1

 

「臨江閣でひな祭り」は、
平成20年度から始めた事業で、

市民から寄付されたひな人形が
展示されています。
030_1_1
040_1_1
045_1_1

 

展示は4月12日(日)まで。

 

楫取素彦ゆかりの地・臨江閣では
ドラマ「花燃ゆ」の放送に合わせて
期間限定でカフェと物産館もオープンしていますよ。

 

臨江閣の紅葉
  • 投稿 2014/11/19
  • 前橋市
臨江閣プロジェクト2014
前橋市にある県重要文化財「臨江閣」では
「臨江閣プロジェクト2014」という

国内外で活動する芸術家3人による
現代美術の展覧会が開催中です。
075_1_1_2014052109323763e

056_1_1_20140521093309b78

 

受付でパンフレットと
フロア案内図とポストカード頂きました^^
061_1_1_201405210934192e8
 

一階の和室には、
黒い和紙に白色の塗料で模様を描いた
ふすまが取り付けられていたり、

二階には、漆や銀箔を付けて色づけした和紙が
和室一面に敷き詰めた部屋などもあったり、

24の作品が展示されています。

 

芸術的感性のない私でも
二階の作品は凄いなって思いました(^^ゞ

 

展示会は25日までで
24、25日は茶会も開かれるそうですよ。

 

入場無料です。